サーチナ サーチナ・ファイナンス
経済総合 市況・相場観 中国株と日本株
and or

住友林(1911)が続落、午後に利益予想の大幅減額修正を発表

2009-11-09 14:00


 住友林業 <1911> が4日続落。一時32円安の636円まで下げ、10月19日に付けた直近安値665円を割り込んできた。この日13時に、今2010年3月期連結業績予想の減額修正を発表。最終利益を従来予想の45億円から前期比2.4倍の25億円と大幅に減額修正したことが嫌気されている。
 売上高は従来予想に600億円未達となる前期比3%減の7400億円に修正した。住宅優遇税制の需要喚起に向けた政策効果が期待されるものの、個人消費の回復の足取りは重い。国内の新設住宅着工戸数の低迷は続き、木材・建材需要の本格回復はなお時間が必要。また、戸建注文住宅の完工棟数は期初計画を下回り、コストダウンや経費削減は継続して実施するものの、利益面も計画を下回る見通し。
 株価は、この日の下げで、52移動平均線とのマイナスかい離幅が5%超に拡大。そして、6月30日の年初来高値838円をトップとした下落基調が鮮明化している。6月9日及び4月28日の安値650円の下には、3月3日の年初来安値530円や昨年10月10日のリーマンショック後安値498円が控えている。しかし、じり安基調とあって、現時点では、どの水準で下げ止まるかは見通しにくい。(ストック・データバンク&チャートブック編集部)







当サイトの株価、並びに、関連の情報サービスは、 モーニングスター 株式会社 が提供しています。
  香港聯合交易所有限公司、 ETNET、Megahub、中国新聞社などから情報提供を受けています。

当サイトで提供している株価、記事、画像、図表などの転用、販売、再配信は固く禁じます。

当サイトで提供している株価や為替レート等のデータは、情報の発生から15分以上遅延しており、最新のデータではございません。
  お客様が実際にお取り引きをされる場合には、最新データをご参照の上、お取り引きされることをお勧めします。

また、取引時間外の場合は、前回の取引終了時点のデータを掲載しています。
  香港市場/プレオープニングセッション10:00~10:30、前場10:30~13:00、後場14:00~17:00