サーチナ サーチナ・ファイナンス
経済総合 市況・相場観 中国株と日本株
and or

【本日注目の通貨ペア】米ドル/円:2017年のクローズに向けて

2017-12-29 15:00


為替市場の取引は本日12月29日が年内最終となる。本日のドル/円のNYクローズレートは、月足、四半期足、年足の終値という事にもなる。このうち年足については、始値が116.94円であり、執筆時の水準(112.70円台)を考えると陰線引けがほぼ確定的だ。一方、月足や四半期足は陰陽どちらに転んでもおかしくない水準にある。第4四半期(10月)の始値は112.51円、12月の始値も112.54円と、執筆時の水準と大きな差はない。なお、2012年以降の第4四半期足は5年連続陽線を描いており、12月足もこの5年中4年は陽線引けとなっている。こうした季節性に反して四半期足や月足が陰線引けとなれば(本日NYクローズレートが112.50円を割り込めば)、年始の投資家心理を圧迫する可能性もある。2018年の相場展開を読む上で年内最後の注目点として、本日のNYクローズレートを挙げておきたい。
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事・情報】
【本日注目の通貨ペア】カナダドル/円:利上げ期待が急浮上(2017/12/22)
【本日注目の通貨ペア】米ドル/円:雲上抜けで地合い改善の見通し(2017/12/21)
【本日注目の通貨ペア】ユーロ/円:ユーロ圏「政治の安定」は?(2017/12/20)
【本日注目の通貨ペア】豪ドル/円:上ヒゲ陽線の呪縛を解けるか(2017/12/18)
【本日注目の通貨ペア】南アランド/円:明日から南ア与党・アフリカ民族会議(ANC)党大会(2017/12/15)








当サイトの株価、並びに、関連の情報サービスは、 モーニングスター 株式会社 が提供しています。
  香港聯合交易所有限公司、 ETNET、Megahub、中国新聞社などから情報提供を受けています。

当サイトで提供している株価、記事、画像、図表などの転用、販売、再配信は固く禁じます。

当サイトで提供している株価や為替レート等のデータは、情報の発生から15分以上遅延しており、最新のデータではございません。
  お客様が実際にお取り引きをされる場合には、最新データをご参照の上、お取り引きされることをお勧めします。

また、取引時間外の場合は、前回の取引終了時点のデータを掲載しています。
  香港市場/プレオープニングセッション10:00~10:30、前場10:30~13:00、後場14:00~17:00