サーチナ サーチナ・ファイナンス
経済総合 市況・相場観 中国株と日本株
and or

【本日注目の通貨ペア】トルコリラ/円:自律反発に持ち込めるか

2017-12-07 17:00


 トルコリラ/円は先月28日に過去最安値となる27.993円まで下落したが、その後は6日移動平均線を上抜くと同線の傾きが下向きから上向きに転じたほか、9月高値を基点とするレジスタンスラインを突破するなど、底入れの兆しが見られる。今月に入りエルドアン大統領の首席経済顧問であるセミル・エルテム氏が「インフレ見通しが悪化した場合は中銀はいつでも利上げできる」と発言した上、トルコ11月消費者物価指数が前年比+12.98%(予想:+12.50%)と2003年に現行の統計方式として以降最も高い伸びとなった事などから、トルコ中銀の利上げ期待が高まっている事は見逃せない。こうした中、相場は自律反発に向かう可能性が出てきた。日足上のボリンジャーバンド+2シグマ(執筆時29.615円)を突破すると、一目均衡表の雲下限(本日は30.361円)に向けた一段高もあるだろう。
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事・情報】
【本日注目の通貨ペア】カナダドル/円:売り材料に敏感(2017/12/01)
【本日注目の通貨ペア】ポンド/円:ダブルボトム(2017/11/30)
【本日注目の通貨ペア】米ドル/円:下値支持が早くも上値抵抗に変化(2017/11/28)
【本日注目の通貨ペア】ユーロ/米ドル:頭打ち(2017/11/27)
【本日注目の通貨ペア】南アランド/円:審判の日(2017/11/24)








当サイトの株価、並びに、関連の情報サービスは、 モーニングスター 株式会社 が提供しています。
  香港聯合交易所有限公司、 ETNET、Megahub、中国新聞社などから情報提供を受けています。

当サイトで提供している株価、記事、画像、図表などの転用、販売、再配信は固く禁じます。

当サイトで提供している株価や為替レート等のデータは、情報の発生から15分以上遅延しており、最新のデータではございません。
  お客様が実際にお取り引きをされる場合には、最新データをご参照の上、お取り引きされることをお勧めします。

また、取引時間外の場合は、前回の取引終了時点のデータを掲載しています。
  香港市場/プレオープニングセッション10:00~10:30、前場10:30~13:00、後場14:00~17:00