サーチナ サーチナ・ファイナンス
経済総合 市況・相場観 中国株と日本株
and or

【本日注目の通貨ペア】カナダドル/円:中途半端な利上げ織り込み度合い

2017-12-06 16:00


 本日は、カナダ中銀(BOC)の金融政策発表が予定されている。政策金利(1.00%)の据え置きはほぼ確実と見られており、市場の関心は同時に発表される声明に集まっている。前回、10月の声明で「理事会は今後、政策金利の調整に慎重を期する予定」「労働市場には賃金など依然としてたるみがある」などとして、追加利上げに慎重な姿勢を示した。
 ただ、今月1日に発表されたカナダ11月雇用統計は、雇用者数の大幅増とともに失業率が2008年2月以来の水準に低下するなど、すこぶる良好であった。また、7−9月期国内総生産(GDP)も前期から減速したとはいえ予想を上回る伸びを示している。こうした中、BOCが慎重姿勢を維持するのか、本日の声明が注目される。
 現時点で、カナダ金利デリバティブ(OIS)市場における来年1月の利上げ(0.25%)織り込み度合いは4割程度と、極めて中途半端な水準にある。本日のBOCのスタンス次第では、どちら側にも振れる余地があると言えそうだ。ボリンジャー・バンドの中央(=21日移動平均線)付近で推移しているカナダドル/円相場にも同じ事が言えるだろう。
 (執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事・情報】
【本日注目の通貨ペア】カナダドル/円:売り材料に敏感(2017/12/01)
【本日注目の通貨ペア】ポンド/円:ダブルボトム(2017/11/30)
【本日注目の通貨ペア】米ドル/円:下値支持が早くも上値抵抗に変化(2017/11/28)
【本日注目の通貨ペア】ユーロ/米ドル:頭打ち(2017/11/27)
【本日注目の通貨ペア】南アランド/円:審判の日(2017/11/24)








当サイトの株価、並びに、関連の情報サービスは、 モーニングスター 株式会社 が提供しています。
  香港聯合交易所有限公司、 ETNET、Megahub、中国新聞社などから情報提供を受けています。

当サイトで提供している株価、記事、画像、図表などの転用、販売、再配信は固く禁じます。

当サイトで提供している株価や為替レート等のデータは、情報の発生から15分以上遅延しており、最新のデータではございません。
  お客様が実際にお取り引きをされる場合には、最新データをご参照の上、お取り引きされることをお勧めします。

また、取引時間外の場合は、前回の取引終了時点のデータを掲載しています。
  香港市場/プレオープニングセッション10:00~10:30、前場10:30~13:00、後場14:00~17:00