サーチナ サーチナ・ファイナンス
経済総合 市況・相場観 中国株と日本株
and or

【今夜の注目材料】11月ISM製造業景況指数

2017-12-01 16:00


 東京市場のドル/円は、米税制改革法案の上院での採決延期が伝わると112.30円台まで下押したものの、その後は一時マイナス圏に下落した日経平均が再びプラス圏を回復した事もあり、112.60円台まで反発しています。
 欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。
12/1(金)
17:30 11月スイス製造業PMI
18:30 11月英製造業PMI
22:30☆9月、7−9月期カナダGDP
22:30☆11月カナダ雇用統計
23:05 ブラード米セントルイス連銀総裁、講演
23:30 カプラン米ダラス連銀総裁、講演
24:00☆11月米ISM製造業景況指数
24:00 10月米建設支出
24:15 ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、講演
※☆は特に注目の材料

 米国で11月ISM製造業景況指数が発表されます。
 市場予想は58.3と前月(58.7)より小幅低下する見通しとなっています。
 その他、米税制改革法案の採決が行われる可能性があり、関連報道に注意が必要です。
 一方、カナダで重要な経済指標の発表が予定されています。
 市場予想は、9月GDPが前月比+0.1%、7−9月期GDPは前期比年率+1.6%です。
 また、加11月雇用統計は、失業率が6.2%、就業者数は1.00万人増となっています。
(欧米時間のドル/円予想レンジ:112.200−113.100円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事・情報】
【今夜の注目材料】S&P、ムーディーズによる南ア格付け見直し(2017/11/24)
【今夜の注目材料】米新規失業保険申請件数(2017/11/22)
【今夜の注目材料】カンリフBOE副総裁、マカファーティ、サンダース、ブリハ、各英MPC委員、議会証言(2017/11/21)
【今夜の注目材料】米長期金利や欧米株価などを眺めつつ方向感を模索(2017/11/20)
【今夜の注目材料】ロシアゲート関連報道などに注意が必要(2017/11/17)








当サイトの株価、並びに、関連の情報サービスは、 モーニングスター 株式会社 が提供しています。
  香港聯合交易所有限公司、 ETNET、Megahub、中国新聞社などから情報提供を受けています。

当サイトで提供している株価、記事、画像、図表などの転用、販売、再配信は固く禁じます。

当サイトで提供している株価や為替レート等のデータは、情報の発生から15分以上遅延しており、最新のデータではございません。
  お客様が実際にお取り引きをされる場合には、最新データをご参照の上、お取り引きされることをお勧めします。

また、取引時間外の場合は、前回の取引終了時点のデータを掲載しています。
  香港市場/プレオープニングセッション10:00~10:30、前場10:30~13:00、後場14:00~17:00