サーチナ サーチナ・ファイナンス
経済総合 市況・相場観 中国株と日本株
and or

【今夜の注目材料】欧米株式市場の動向と米長期金利の動きがカギ

2017-11-14 17:00


 東京市場のドル/円は113円台後半で小幅な値動きにとどまりました。
 注目の日経平均株価は、やや不安定な動きを見せてほぼ横ばいで引けましたが、為替相場にはあまり響きませんでした。
 欧米市場の動きに期待したいところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。
11/14(火)
17:05 エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演
17:15 スイス10月生産者輸入価格
18:00 ラウテンシュレーガーECB理事、講演
18:30☆英10月消費者物価指数
18:30☆英10月小売物価指数
18:30☆英10月生産者物価指数
19:00☆ユーロ圏9月鉱工業生産
19:00☆独11月ZEW景況感指数
19:00 ユーロ圏11月ZEW景況感指数
19:00 ユーロ圏7−9月期GDP改定値
19:00☆ドラギECB総裁、イエレンFRB議長、カーニーBOE総裁、黒田日銀総裁、パネルディスカッション
21:45 ビルロワ・フランス中銀総裁、講演
22:15 ブラード米セントルイス連銀総裁、講演
22:30☆米10月生産者物価指数
26:30 カンリフBOE副総裁、講演
27:05 ボスティック米アトランタ連銀総裁、講演
11/15(水)
08:50☆日本7−9月期GDP・1次速報
※☆は特に注目の材料
 ここ数日間、世界的に株価は不安定ですが米長期金利(10年債利回り)は上昇基調です。
 ドル/円が方向感を欠いているのはこのためでしょう。
 今日も欧米株式市場の動向と米長期金利の動きがカギとなりそうです。
 その他、今夜は欧州中銀(ECB)主催のパネルディスカッションに主要先進国の中銀トップが揃って登壇します。
 どんな話が飛び出すのか要注目です。
(欧米時間のドル/円予想レンジ:113.100−114.100円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事・情報】
【今夜の注目材料】9月英鉱工業生産指数(2017/11/10)
【今夜の注目材料】米上院が税制改革法案を公表する予定(2017/11/09)
【今夜の注目材料】NZで今年最後の政策金利発表(2017/11/08)
【今夜の注目材料】イエレン米FRB議長、挨拶(2017/11/07)
【今夜の注目材料】RBAキャッシュターゲット (2017/11/06)








当サイトの株価、並びに、関連の情報サービスは、 モーニングスター 株式会社 が提供しています。
  香港聯合交易所有限公司、 ETNET、Megahub、中国新聞社などから情報提供を受けています。

当サイトで提供している株価、記事、画像、図表などの転用、販売、再配信は固く禁じます。

当サイトで提供している株価や為替レート等のデータは、情報の発生から15分以上遅延しており、最新のデータではございません。
  お客様が実際にお取り引きをされる場合には、最新データをご参照の上、お取り引きされることをお勧めします。

また、取引時間外の場合は、前回の取引終了時点のデータを掲載しています。
  香港市場/プレオープニングセッション10:00~10:30、前場10:30~13:00、後場14:00~17:00