サーチナ サーチナ・ファイナンス
経済総合 市況・相場観 中国株と日本株
and or

【今夜の注目材料】英8月鉱工業生産指数

2017-10-10 16:00


 東京市場のドル/円は、仲値公示に向けて112.80円台まで買いが先行しましたが、北朝鮮のミサイル発射への懸念が拭えず伸び悩みました。
 欧州市場に入る前に、注目材料を確認しておきましょう。
10/10(火)
17:30☆ 英8月鉱工業生産指数
17:30  英8月貿易収支
21:15  カナダ9月住宅着工件数
21:30  カナダ8月住宅建設許可件数
23:00  カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演
−−−−−☆ スペインカタルーニャ州プチデモン首相、議会演説
−−−−− EU財務相理事会(ルクセンブルク)
−−−−− 北朝鮮・朝鮮労働党創建72年記念日
10/11(水)
08:50 日本8月機械受注 
※☆は特に注目の材料
 北朝鮮・朝鮮労働党創建記念日のアジアタイムに同国が動く様子はありませんでした。
 夜間のミサイル発射は考えにくい事から、欧米タイムでは警戒感が緩む事になりそうです。
 今夜は材料が手薄なだけに、そうしたムードの中で株価が上値を伸ばせるかが焦点となるでしょう。
(欧米時間のドル/円予想レンジ:112.100−113.300円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事・情報】
【今夜の注目材料】米9月雇用統計が焦点(2017/10/06)
【今夜の注目材料】パウエル理事の講演(2017/10/05)
【今夜の注目材料】9月ADP全国雇用者数や米9月ISM非製造業景況指数(2017/10/04)
【今夜の注目材料】欧米市場で株高・債券安(長期金利上昇)の流れが続くかどうか(2017/10/03)
【今夜の注目材料】9月米ISM製造業景況指数に注目(2017/10/02)








当サイトの株価、並びに、関連の情報サービスは、 モーニングスター 株式会社 が提供しています。
  香港聯合交易所有限公司、 ETNET、Megahub、中国新聞社などから情報提供を受けています。

当サイトで提供している株価、記事、画像、図表などの転用、販売、再配信は固く禁じます。

当サイトで提供している株価や為替レート等のデータは、情報の発生から15分以上遅延しており、最新のデータではございません。
  お客様が実際にお取り引きをされる場合には、最新データをご参照の上、お取り引きされることをお勧めします。

また、取引時間外の場合は、前回の取引終了時点のデータを掲載しています。
  香港市場/プレオープニングセッション10:00~10:30、前場10:30~13:00、後場14:00~17:00