サーチナ サーチナ・ファイナンス
経済総合 市況・相場観 中国株と日本株
and or

【本日注目の通貨ペア】米ドル/円:天下分け目の雇用統計

2017-10-06 16:00


 ドル/円相場は、先月27日以降112.20−30円台に下落すると反発する一方、113.10−20円台に上昇すると反落する展開が続いている。本日の米9月雇用統計で、この「煮詰まり感」を打破できるか注目される。
 米9月雇用統計の主な項目の市場予想は、非農業部門雇用者数8.0万人増、失業率4.4%、平均時給は前月比+0.3%、前年比+2.5%となっている。非農業部門雇用者数の予想が控えめなのは、9月10日に米フロリダ州に上陸した大型ハリケーン「イルマ」の影響が加味されているためだ。このため、結果が多少下ブレしても、ネガティブサプライズにはなりにくいだろう。失業率については、米連邦準備制度理事会(FRB)の長期予想(持続可能と見なす水準、4.6%)を下回る推移が続いており、そもそも争点から外れている。
 こうした中、市場の関心はこれまで以上に平均時給に向かう事になりそうだ。賃金の伸びが加速する兆候が見えれば、米長期金利の上昇とともにドル/円が113.10−20円台の抵抗帯を突破する可能性が高まる一方、予想に届かなければ112.20−30円台のサポートを割り込む事も考えられる。本日の米9月雇用統計は、ドル/円相場の当面のトレンドを左右する「関が原の戦い」となる可能性がある。
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事・情報】
【本日注目の通貨ペア】米ドル/円:アノマリーはドル高・円安を示唆(2017/10/02)
【本日注目の通貨ペア】米ドル/円:来週に向けて(2017/09/29)
【本日注目の通貨ペア】NZドル/円:RBNZのハト派姿勢がカギに(2017/09/27)
【本日注目の通貨ペア】ユーロ/米ドル:調整への備(2017/09/26)
【本日注目の通貨ペア】ユーロ/米ドル:メルケル氏4選確実ながら独政局に不透明感も(2017/09/25)








当サイトの株価、並びに、関連の情報サービスは、 モーニングスター 株式会社 が提供しています。
  香港聯合交易所有限公司、 ETNET、Megahub、中国新聞社などから情報提供を受けています。

当サイトで提供している株価、記事、画像、図表などの転用、販売、再配信は固く禁じます。

当サイトで提供している株価や為替レート等のデータは、情報の発生から15分以上遅延しており、最新のデータではございません。
  お客様が実際にお取り引きをされる場合には、最新データをご参照の上、お取り引きされることをお勧めします。

また、取引時間外の場合は、前回の取引終了時点のデータを掲載しています。
  香港市場/プレオープニングセッション10:00~10:30、前場10:30~13:00、後場14:00~17:00