サーチナ サーチナ・ファイナンス
経済総合 市況・相場観 中国株と日本株
and or

【今日のドル円】ドルの下値不安再燃

2017-09-08 09:00


 昨日のドル/円は、一時108.00円台まで下落して年初来安値を更新した。大型ハリケーン「ハービー」「イルマ」の米景気への悪影響が懸念されたほか、欧州中銀(ECB)理事会後に独仏の長期金利が低下(ECBがインフレ見通し引き下げた事が背景)した影響から、米10年債利回りが一時昨年11月以来となる2.03%台に低下する中、ドル売りが活発化した。その後、今朝にかけてやや値を戻してはいるが、明日9日の建国記念日に合わせて北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を行うとの観測がある中で上値は限られそうだ。
 ドル/円の108.00円には強い買い需要があると考えられるが、米10年債利回りが節目の2.00%を試す展開となれば割り込んでも不思議ではないだろう。この水準には損失確定のストップロスオーダーも多いと見られるだけに、もし割り込めば下げが加速する事も考えられる。本日のドル/円相場は、下値不安を抱えたままの重苦しい展開となりそうだ。
 本日の予想レンジ:107.500−109.000円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事・情報】
【今日のドル円】市場心理はやや改善(2017/09/07)
【今日のドル円】ドル/円、再び年初来安値が視野に(2017/09/06)
【今日のドル円】北朝鮮リスクを意識(2017/09/05)
【今日のドル円】北朝鮮リスク再燃(2017/09/04)
【今日のドル円】米インフレ鈍化観測強まる(2017/09/01)








当サイトの株価、並びに、関連の情報サービスは、 モーニングスター 株式会社 が提供しています。
  香港聯合交易所有限公司、 ETNET、Megahub、中国新聞社などから情報提供を受けています。

当サイトで提供している株価、記事、画像、図表などの転用、販売、再配信は固く禁じます。

当サイトで提供している株価や為替レート等のデータは、情報の発生から15分以上遅延しており、最新のデータではございません。
  お客様が実際にお取り引きをされる場合には、最新データをご参照の上、お取り引きされることをお勧めします。

また、取引時間外の場合は、前回の取引終了時点のデータを掲載しています。
  香港市場/プレオープニングセッション10:00~10:30、前場10:30~13:00、後場14:00~17:00