サーチナ サーチナ・ファイナンス
経済総合 市況・相場観 中国株と日本株
and or

【本日注目の通貨ペア】米ドル/円:目先はレンジ下抜けを警戒

2017-08-10 17:00


 ドル/円相場は、4月と6月の安値を結ぶサポートライン(本日は109.40円台)と、5月や7月の高値が位置する114円台半ばのレジスタンスで、レンジを形成している。こうした中、今月9日に一時109.50円台まで下落してサポートラインに迫った。
 今月に入り日足の一目均衡表の転換線を下回って推移している点などから、下値模索の動きが先行しやすいと考えられる。仮に前述のサポートラインを割るようならば、下値余地拡大との見方が浮上するだろう。この場合は6月安値(108.787円)の攻防が焦点となりそうだ。付近に週足の一目均衡表の雲下限(今週は108.730円)もあり、同水準をも割り込むようならば、週足上でも下落トレンド入りの可能性が出てくるので要注意である。
 (執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事・情報】
【本日注目の通貨ペア】米ドル/円:米雇用統計と52週線(2017/08/04)
【本日注目の通貨ペア】ポンド/円:注目点の多いスーパーサーズデー(2017/08/03)
【本日注目の通貨ペア】豪ドル/円:リスクオンでも上値が重い(2017/08/02)
【本日注目の通貨ペア】NZドル/円:逆三尊のネックラインに注目(2017/08/01)
【本日注目の通貨ペア】豪ドル/円:RBA声明に関心が集まる(2017/07/31)
 








当サイトの株価、並びに、関連の情報サービスは、 モーニングスター 株式会社 が提供しています。
  香港聯合交易所有限公司、 ETNET、Megahub、中国新聞社などから情報提供を受けています。

当サイトで提供している株価、記事、画像、図表などの転用、販売、再配信は固く禁じます。

当サイトで提供している株価や為替レート等のデータは、情報の発生から15分以上遅延しており、最新のデータではございません。
  お客様が実際にお取り引きをされる場合には、最新データをご参照の上、お取り引きされることをお勧めします。

また、取引時間外の場合は、前回の取引終了時点のデータを掲載しています。
  香港市場/プレオープニングセッション10:00~10:30、前場10:30~13:00、後場14:00~17:00