サーチナ サーチナ・ファイナンス
経済総合 市況・相場観 中国株と日本株
and or

【今夜の注目材料】米6月消費者物価指数

2017-07-14 17:00


 東京市場のドル/円は、連休前の仲値公示に絡んで113.50円台まで値を上げるも一時的となり、その後は113.20円台まで失速しました。
 欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

7/14(金)
17:00 ノボトニー・オーストリア中銀総裁、講演
18:00 ユーロ圏5月貿易収支
20:00 米JPモルガン・チェース決算
21:00 米シティグループ決算
21:30☆米6月消費者物価指数
21:30☆米6月小売売上高
22:15☆米6月鉱工業生産
22:15 米6月設備稼働率
22:30 カプラン米ダラス連銀総裁、講演
23:00☆米7月ミシガン大消費者信頼感指数・速報
23:00 米5月企業在庫
※☆は特に注目の材料

 本日は重要な経済イベントが多数ありますが、その中で最も注目されるのは米6月消費者物価指数です。
 米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長が昨日・一昨日の議会証言で「低インフレが続けば利上げ余地は限られる」との見方を示しました。
 そうした中、インフレ率の伸びが予想(前月比+0.1%、前年比+1.7%、コア・前年比+1.7%)を下回るようならば、年内利上げ期待が一段と後退してドル売りが優勢となる公算です。
 また、同時刻に米6月小売売上高も発表されます。
 個人消費は米国の国内総生産(GDP)の約7割を占めるとされており、こちらも注目です。
(欧米時間のドル/円予想レンジ:112.500−113.700円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事・情報】
【今夜の注目材料】米6月雇用統計(2017/07/07)
【今夜の注目材料】米6月ADP全国雇用者数、米新規失業保険申請件数、米5月貿易収支(2017/07/06)
【今夜の注目材料】米FOMC議事録(2017/07/05)
【今夜の注目材料】北朝鮮の「特別重大報道」(2017/07/04)
【今夜の注目材料】6月ISM製造業景気指数が発表(2017/07/03)








当サイトの株価、並びに、関連の情報サービスは、 モーニングスター 株式会社 が提供しています。
  香港聯合交易所有限公司、 ETNET、Megahub、中国新聞社などから情報提供を受けています。

当サイトで提供している株価、記事、画像、図表などの転用、販売、再配信は固く禁じます。

当サイトで提供している株価や為替レート等のデータは、情報の発生から15分以上遅延しており、最新のデータではございません。
  お客様が実際にお取り引きをされる場合には、最新データをご参照の上、お取り引きされることをお勧めします。

また、取引時間外の場合は、前回の取引終了時点のデータを掲載しています。
  香港市場/プレオープニングセッション10:00~10:30、前場10:30~13:00、後場14:00~17:00