サーチナ サーチナ・ファイナンス
経済総合 市況・相場観 中国株と日本株
and or

【今日のドル円】米インフレ鈍化は?CPIに注目

2017-07-14 09:00


 昨日のドル/円は113円割れで下げ渋る展開。一時112.80円台まで下落する場面もあったが、米長期金利の持ち直しに支えられて小幅高で終えた。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言を受けた金融市場の騒乱は一服した格好だが、本日は米6月消費者物価指数(CPI、21:30)の発表が予定されており、その結果次第では再び市場が大きく揺れる可能性がある。
 イエレン議長は証言の中で、足元のインフレ鈍化は一時的としながらも、低インフレが続けば利上げ余地は限られるとの認識を示した。CPIが市場予想(前月比+0.1%、前年比+1.7%、コア前年比+1.7%)を下回れば追加利上げへの期待が一段と萎む可能性もある。
 そのほか、本日は同時刻に米6月小売売上高も発表される。こちらも米個人消費にかかわる重要統計であり注目度は高い。統計後の米債市場や米株式市場の反応にも留意したい。
本日の予想レンジ:112.600−114.000円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事・情報】
【今日のドル円】ドル/円、上値の重さを確認(2017/07/13)
【今日のドル円】イエレン証言に注目(2017/07/12)
【今日のドル円】ドル/円、5月高値が焦点(2017/07/11)
【今日のドル円】日米金利差の拡大基調が継続(2017/07/10)
【今日のドル円】日銀の姿勢が問われる(2017/07/07)








当サイトの株価、並びに、関連の情報サービスは、 モーニングスター 株式会社 が提供しています。
  香港聯合交易所有限公司、 ETNET、Megahub、中国新聞社などから情報提供を受けています。

当サイトで提供している株価、記事、画像、図表などの転用、販売、再配信は固く禁じます。

当サイトで提供している株価や為替レート等のデータは、情報の発生から15分以上遅延しており、最新のデータではございません。
  お客様が実際にお取り引きをされる場合には、最新データをご参照の上、お取り引きされることをお勧めします。

また、取引時間外の場合は、前回の取引終了時点のデータを掲載しています。
  香港市場/プレオープニングセッション10:00~10:30、前場10:30~13:00、後場14:00~17:00