サーチナ サーチナ・ファイナンス
経済総合 市況・相場観 中国株と日本株
and or

【本日注目の通貨ペア】カナダドル/円:利上げ=出尽くし売りにはなりにくい

2017-07-12 16:00


 カナダ中銀(BOC)の政策金利発表を受けたカナダドル相場の反応が注目される。利上げ(政策金利を0.50%から0.75%に引き上げ)は9割がた織り込み済みであり、利上げの発表だけでカナダドル相場を一段と押し上げるのは難しいかもしれない。
 ただ、足元の上昇の大部分がショート・カバー(売り方の買戻し)によるものであった可能性が高い点は一考に価する。投機筋のカナダドルショート(売り持ち)ポジションは、BOCの利上げ観測浮上後に大きく減少したが、先週4日時点でもなおネットショート(売り超)の状態にある。この点を踏まえると利上げ決定で「出尽くし売り」という動きにはならないと読む事もできそうだ。
 そうなると、カギを握るのはやはりBOCのスタンスだろう。カナダのインフレ率は最新の6月分で1.3%となっており、BOCのインフレ目標である1−3%の下限に近い水準にとどまっている。そうした中で今回の利上げが「単発」に終わる可能性も否定はできないが、BOCが低金利の長期化を背景に住宅市場が過熱気味である点を重視するなら追加利上げの示唆があってもおかしくないだろう。BOCが段階的な利上げスタンスを示せばカナダドルの上昇が加速する事も考えられる。声明だけでなく、ポロズ総裁の発言内容にも注目しておきたい。
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事・情報】
【本日注目の通貨ペア】米ドル/円:さらなる追い風が吹くか、米雇用統計は時給の伸びに注目(2017/07/07)
【本日注目の通貨ペア】カナダドル/円:連騰は7でストップ(2017/07/06)
【本日注目の通貨ペア】米ドル/円:FOMC議事録にサプライズはあるか(2017/07/05)
【本日注目の通貨ペア】豪ドル/円:期待から失望に(2017/07/04)
【本日注目の通貨ペア】ドル/円:一時111.70円台へと反落する場面も(2017/06/30)








当サイトの株価、並びに、関連の情報サービスは、 モーニングスター 株式会社 が提供しています。
  香港聯合交易所有限公司、 ETNET、Megahub、中国新聞社などから情報提供を受けています。

当サイトで提供している株価、記事、画像、図表などの転用、販売、再配信は固く禁じます。

当サイトで提供している株価や為替レート等のデータは、情報の発生から15分以上遅延しており、最新のデータではございません。
  お客様が実際にお取り引きをされる場合には、最新データをご参照の上、お取り引きされることをお勧めします。

また、取引時間外の場合は、前回の取引終了時点のデータを掲載しています。
  香港市場/プレオープニングセッション10:00~10:30、前場10:30~13:00、後場14:00~17:00