サーチナ サーチナ・ファイナンス
経済総合 市況・相場観 中国株と日本株
and or

中国の経済成長は17年後半に息切れか? =大和総研が経済指標を分析

2017-04-20 15:00


 中国GDP成長率は足元こそ前年比6.9%増と堅調ながら、年後半には息切れして成長率が鈍るのではないか?――大和総研経済調査部の主席研究員、齋藤尚登氏は4月20日に「中国:2期連続の成長加速、年後半に息切れも」と題したレポート(全10ページ)を発表し、住宅やインフラ投資など固定資産投資の鈍化を背景に中国経済の先行きに「不透明感が高まっている」と警戒を示した。レポートの要旨は以下の通り。
◆国家統計局によると、2017年1月〜3月の実質GDP成長率は前年同期比6.9%(以下、断りのない限り前年比もしくは前年同期比)と、0.1%ポイントずつとはいえ、2四半期連続で加速した。
◆1月〜3月の小売売上は減速したが、同統計はモノに限定され、教育・医療、文化・娯楽、金融・保険といったサービスは含まれない。1月〜3月の国民一人当たり消費支出統計では、教育・文化・娯楽消費支出などが大きく増加し、堅調な消費を支えている。
◆中国の景気は、消費を下支えに大きく下振れするリスクは限定的であるが、年後半には固定資産投資の鈍化を背景に、緩やかな減速が予想される。70都市の新築住宅価格上昇率は直近ピークである2016年11月、12月の10.8%から2017年3月は10.3%と、小幅ながらも鈍化した。3月中旬以降、各地方政府は一段と厳しい価格抑制策を相次いで発表しており、今後、価格の上昇ペースはさらに鈍化していこう。不動産開発投資は年後半には減速していく可能性が高い。インフラ投資に関連して、新規着工された固定資産投資プロジェクトの総投資計画額の推移を見ると、2016年前半に景気下支え策として国有部門のインフラ投資を中心にプロジェクトが一斉に認可されたが、足元ではその反動が出ているなど、先行きに不透明感が高まっている。(写真は、中国広州の新しい住宅、写真提供:(C)Guo Zhonghua/123RF)


【関連記事・情報】
大和総研が北京で中国経済の課題ヒアリング、景気は安定拡大が期待されるものの企業債務デレバレッジは長期化(2017/04/10)
中国ニューノーマル(新常態)への構造改革が進展=大和総研が進捗を評価(2017/03/29)
消費減速が続く中国は6.5%成長を実現できるか? 大和総研がPPP投資に注目(2017/03/17)
「核心」の習近平氏が穏健中立の金融政策で「改革」を深化=大和総研(2017/03/07)
中国の外貨準備が減少、再びの「人民元ショック」は回避できるのか? =大和総研(2017/03/01)








当サイトの株価、並びに、関連の情報サービスは、 モーニングスター 株式会社 が提供しています。
  香港聯合交易所有限公司、 ETNET、Megahub、中国新聞社などから情報提供を受けています。

当サイトで提供している株価、記事、画像、図表などの転用、販売、再配信は固く禁じます。

当サイトで提供している株価や為替レート等のデータは、情報の発生から15分以上遅延しており、最新のデータではございません。
  お客様が実際にお取り引きをされる場合には、最新データをご参照の上、お取り引きされることをお勧めします。

また、取引時間外の場合は、前回の取引終了時点のデータを掲載しています。
  香港市場/プレオープニングセッション10:00~10:30、前場10:30~13:00、後場14:00~17:00