サーチナ サーチナ・ファイナンス
経済総合 市況・相場観 中国株と日本株
and or

【本日注目の通貨ペア】米ドル/円:G20の影響は?

2017-03-17 15:00


 本日から明日にかけて、ドイツのバーデンバーデンでG20財務相・中央銀行総裁会議が行われる。明日発表される共同声明から「我々はあらゆる形態の保護主義に対抗する」との文言が削除される可能性があるとの事で、週明けの為替相場への影響が気になるところだろう。トランプ米政権の意向を汲む格好で実際に削除されれば、米国の保護主義強化に対する懸念が高まり、リスク回避の円高圧力が発生するとの見方も一部にあるようだ。もっとも、今回初めてG20に出席するムニューシン米財務長官は「われわれは貿易戦争を始めたいと思っているわけではない」として、自由貿易を否定する考えはない姿勢を示している。G20は「保護主義に対抗」との文言に代わり「公平で開かれた貿易システムを維持する」という米国の主張に近い表現を声明に盛り込む事も検討しているようだ。
 いずれにしても、20もの国・地域の利害がすべて一致する声明を発表することはまず不可能だろう。それぞれが、それぞれにとって都合よく解釈できる「玉虫色」の表現に落ち着く公算が極めて大きい。そうした声明に為替市場が強く反応する事も考えにくい。なお、為替については「通貨の競争的な切り下げを回避」や「競争力のために為替レートを目標にしない」というこれまでの合意内容を米国も支持しているとされ、従来の表現をほぼ維持する方向で調整が進められているようだ。
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事・情報】
【本日注目の通貨ペア】ポンド/円:上値の重い中で迎えるBOE理事会(2017/03/16)
【本日注目の通貨ペア】米ドル/円:米FOMCでレンジ突破なるか(2017/03/15)
【本日注目の通貨ペア】ポンド/円:英EU離脱通告はポンドの買い材料か?(2017/03/14)
【本日注目の通貨ペア】米ドル/円:ドラギECB総裁の講演に注目が集まる(2017/03/10)
【本日注目の通貨ペア】ユーロ/円:インフレ上昇でECBのスタンスに変化はあるか(2017/03/09)








当サイトの株価、並びに、関連の情報サービスは、 モーニングスター 株式会社 が提供しています。
  香港聯合交易所有限公司、 ETNET、Megahub、中国新聞社などから情報提供を受けています。

当サイトで提供している株価、記事、画像、図表などの転用、販売、再配信は固く禁じます。

当サイトで提供している株価や為替レート等のデータは、情報の発生から15分以上遅延しており、最新のデータではございません。
  お客様が実際にお取り引きをされる場合には、最新データをご参照の上、お取り引きされることをお勧めします。

また、取引時間外の場合は、前回の取引終了時点のデータを掲載しています。
  香港市場/プレオープニングセッション10:00~10:30、前場10:30~13:00、後場14:00~17:00