サーチナ サーチナ・ファイナンス
経済総合 市況・相場観 中国株と日本株
and or

【本日注目の通貨ペア】ポンド/円:上値の重い中で迎えるBOE理事会

2017-03-16 17:00


 ポンド/円相場は、昨年12月15日と今年1月27日の高値を結ぶレジスタンスラインが強力な抵抗として機能しており、上値が重い。
 今月発表された英2月製造業PMI(1日)や英2月平均賃金(15日)がいずれも予想を下回るなど、英国で景気減速の兆しが見られる。本日の英中銀(BOE)理事会について、金融政策の現状維持(政策金利:0.50%、資産買い入れプログラム規模:4350億ポンド)がコンセンサスとなっている。事前予想通りの結果となれば、市場の関心は議事録に集中しそうだ。その中でインフレ上昇よりも景気に慎重な見方を示す事があれば、ポンド/円相場の重石となる公算である。8日安値(138.424円)を明確に下抜けると、1月16日に付けた年初来安値(136.460円)を視野に入れた一段安もあるだろう。
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事・情報】
【本日注目の通貨ペア】米ドル/円:ドラギECB総裁の講演に注目が集まる(2017/03/10)
【本日注目の通貨ペア】ユーロ/円:インフレ上昇でECBのスタンスに変化はあるか(2017/03/09)
【本日注目の通貨ペア】メキシコ/円:「いいとこどり」どこまで(2017/03/08)
【本日注目の通貨ペア】ポンド/円:三角もち合い下抜け(2017/03/07)
【本日注目の通貨ペア】豪ドル/円:明日昼にRBAが政策金利を発表(2017/03/06)








当サイトの株価、並びに、関連の情報サービスは、 モーニングスター 株式会社 が提供しています。
  香港聯合交易所有限公司、 ETNET、Megahub、中国新聞社などから情報提供を受けています。

当サイトで提供している株価、記事、画像、図表などの転用、販売、再配信は固く禁じます。

当サイトで提供している株価や為替レート等のデータは、情報の発生から15分以上遅延しており、最新のデータではございません。
  お客様が実際にお取り引きをされる場合には、最新データをご参照の上、お取り引きされることをお勧めします。

また、取引時間外の場合は、前回の取引終了時点のデータを掲載しています。
  香港市場/プレオープニングセッション10:00~10:30、前場10:30~13:00、後場14:00~17:00