サーチナ サーチナ・ファイナンス
経済総合 市況・相場観 中国株と日本株
and or

【今日のドル円】20日線割れで続落余地

2017-03-16 09:00


 昨日は米連邦公開市場委員会(FOMC)が市場予想通りに0.25%の利上げを決定するも、今年の利上げペースは概ね3回と従来通りの見方を示した。一部でペース加速期待があっただけに、ドル/円は売りで反応。113.10円台まで下落して、2月7日安値(111.595円)〜3月10日高値(115.503円)の上げ幅61.8%押し(113.088円)に迫った。
 先月以降は概ね20日移動平均線を中心としてボリンジャーバンドの上下2シグマの中で往来が続いていたが、昨日の下押しにより20日線を割り込んだ事で、目先的には下値模索の機運が高まった可能性がある。前述の61.8%戻しレベルを割り込むと2シグマ下限(執筆時112.033円)まで主だった目処が見当たらないため、心理的節目の112.50円が試されると見る。
本日の予想レンジ:112.600−113.800円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事・情報】
【今日のドル円】米利上げペース加速に高いハードル(2017/03/15)
【今日のドル円】ドルの上昇余地は?(2017/03/14)
【今日のドル円】ドル/円、上昇エネルギーは残っているか(2017/03/13)
【今日のドル円】ドル円、115円の壁を突破(2017/03/10)
【今日のドル円】薄雲を突破できるか(2017/03/09)








当サイトの株価、並びに、関連の情報サービスは、 モーニングスター 株式会社 が提供しています。
  香港聯合交易所有限公司、 ETNET、Megahub、中国新聞社などから情報提供を受けています。

当サイトで提供している株価、記事、画像、図表などの転用、販売、再配信は固く禁じます。

当サイトで提供している株価や為替レート等のデータは、情報の発生から15分以上遅延しており、最新のデータではございません。
  お客様が実際にお取り引きをされる場合には、最新データをご参照の上、お取り引きされることをお勧めします。

また、取引時間外の場合は、前回の取引終了時点のデータを掲載しています。
  香港市場/プレオープニングセッション10:00~10:30、前場10:30~13:00、後場14:00~17:00