サーチナ サーチナ・ファイナンス
経済総合 市況・相場観 中国株と日本株
and or

【本日注目の通貨ペア】米ドル/円:米FOMCでレンジ突破なるか

2017-03-15 16:00


 本日は、米連邦公開市場委員会(FOMC)が政策金利と経済・金利見通しの発表を行い、発表後にはイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の会見も行われる。政策金利の0.25%引き上げはほぼ確実であり、市場への織り込みもほぼ終了している事から、この点についての波乱はないだろう。市場の関心は、「今後の利上げペース」に集中しており、ドットチャートで示される年間の利上げ回数に注目が集まっている。今回を含めて年3回のままなのか、あるいは4回に引き上げられるのかが焦点となりそうだ。
 もっとも、今年のFOMCは今回を終えれば残り6回しかない。6回中3回の利上げ示唆は、イエレンFRB議長の会見が行われる全ての会合(6月、9月、12月)で利上げに踏み切る事を意味するため、かなりハードルが高いと感じる。ドル/円が直近レンジの上限である115.50−60円を突破して上値を伸ばすためのハードルもかなり高いという事になるのだろう。ただ、本日から明日にかけてはFOMC以外にも重要イベントが目白押しであり、「合わせ技」による突破なら可能かもしれない。オランダ下院選挙(反EU政権誕生の目が消滅)、日銀金融政策決定会合(大規模緩和の維持を再表明)、米予算教書(トランポノミクス期待の再燃)に注目しておきたい。
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事・情報】
【本日注目の通貨ペア】米ドル/円:ドラギECB総裁の講演に注目が集まる(2017/03/10)
【本日注目の通貨ペア】ユーロ/円:インフレ上昇でECBのスタンスに変化はあるか(2017/03/09)
【本日注目の通貨ペア】メキシコ/円:「いいとこどり」どこまで(2017/03/08)
【本日注目の通貨ペア】ポンド/円:三角もち合い下抜け(2017/03/07)
【本日注目の通貨ペア】豪ドル/円:明日昼にRBAが政策金利を発表(2017/03/06)








当サイトの株価、並びに、関連の情報サービスは、 モーニングスター 株式会社 が提供しています。
  香港聯合交易所有限公司、 ETNET、Megahub、中国新聞社などから情報提供を受けています。

当サイトで提供している株価、記事、画像、図表などの転用、販売、再配信は固く禁じます。

当サイトで提供している株価や為替レート等のデータは、情報の発生から15分以上遅延しており、最新のデータではございません。
  お客様が実際にお取り引きをされる場合には、最新データをご参照の上、お取り引きされることをお勧めします。

また、取引時間外の場合は、前回の取引終了時点のデータを掲載しています。
  香港市場/プレオープニングセッション10:00~10:30、前場10:30~13:00、後場14:00~17:00