サーチナ サーチナ・ファイナンス
経済総合 市況・相場観 中国株と日本株
and or

【今日のドル円】ドルの上昇余地は?

2017-03-14 09:00


 昨日のドル/円は、一時114.40円台まで小緩む場面もあったが、米長期金利の上昇とともに114.80円台へ持ち直して小幅高で取引を終えた。もっとも、米10年債利回りが年初来最高水準に上昇した動きに比べると、ドルの上昇は鈍いと言わざるを得ない。本日から明日にかけて行われる米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げが決まる可能性は高いが、0.25%の利上げはほぼ織り込み済みでありドルの上昇余地はそれほど残っていないとの見方が根強いという事だろう。
 なお、昨年12月にドル/円が118.661円のピークを付けたのは米利上げの翌日であった。本日のドル/円は、米長期金利の上昇が続けば115円台を回復する可能性もあるが、直近レンジ上限の115円台半ばを突破するのは難しいだろう。
本日の予想レンジ:114.300−115.500円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事・情報】
【今日のドル円】ドル/円、上昇エネルギーは残っているか(2017/03/13)
【今日のドル円】ドル円、115円の壁を突破(2017/03/10)
【今日のドル円】薄雲を突破できるか(2017/03/09)
【今日のドル円】決定打欠く展開(2017/03/08)
【今日のドル円】雲を回復できるか(2017/03/07)








当サイトの株価、並びに、関連の情報サービスは、 モーニングスター 株式会社 が提供しています。
  香港聯合交易所有限公司、 ETNET、Megahub、中国新聞社などから情報提供を受けています。

当サイトで提供している株価、記事、画像、図表などの転用、販売、再配信は固く禁じます。

当サイトで提供している株価や為替レート等のデータは、情報の発生から15分以上遅延しており、最新のデータではございません。
  お客様が実際にお取り引きをされる場合には、最新データをご参照の上、お取り引きされることをお勧めします。

また、取引時間外の場合は、前回の取引終了時点のデータを掲載しています。
  香港市場/プレオープニングセッション10:00~10:30、前場10:30~13:00、後場14:00~17:00